VB-AUDIO Virtual Cable の無料ダウンロードとインストール方法+設定&使い方! Windows の音声自動文字起こしに最適!

VB-AUDIO Virtual Cableパソコン

Windows 環境で、録音された音声素材から、自動で文字起こしをするのに最適なのが、無料で構築できる仮想オーディオデバイスの VB-AUDIO Virtual Cable です。

このページでは、 VB-AUDIO Virtual Cable を無料でダウンロード方法、失敗しないインストール方法、簡単にできる設定&使い方を解説します。また、VB-AUDIO Virtual Cable は、 Windows と Mac の2つに対応していますが、ここでは Windows 版を例にして解説しています。

スポンサーリンク

VB-AUDIO Virtual Cable とは

VB-AUDIO Virtual Cable とは、仮想オーディオデバイスと呼ばれるソフト(ドライバー)で、バーチャルオーディオケーブルとして動作するバーチャルオーディオ機器です。

この仮想オーディオデバイスを使えば、サウンドカードなどを買い足さなくても PC に再生・録音デバイスを簡単に増やすことができるので、とても重宝されています。

特に、 Windows では、録音の音声からの自動文字起こしでよく使われています。

スポンサーリンク

VB-AUDIO Virtual Cable の無料ダウンロード方法

VB-AUDIO Virtual Cable は、下記のサイトから無料でダウンロードできます。

ダウンロードサイトはコチラ
↓↓↓↓↓↓

VB-Audio Virtual Apps
VB-Audio Virtual Cable and App's
サイトへ行くと、 Windows 版と Mac 版の2つのダウンロードリンクがありますので、必要な方のリンクをクリックしてzipファイルをダウンロードしてください。(ここでは、Windows 版のダウンロード方法を例に紹介しています。)

 

Windows 版のダウンロードは、赤枠で囲っているところの「Download」リンクをクリック。

Virtual Audio Cableのホームページ

 

ファイルを保存するが選択されていることを確認して「OK」ボタンをクリック。

「ファイルを保存する」で「OK」をクリック

 

ファイル名は何も変更しないでそのまま「保存」ボタンをクリック。

ファイル名はそのままで「保存」をクリック

 

以上で、VB-AUDIO Virtual Cable の無料ダウンロードは完了です。

続いて、VB-AUDIO Virtual Cable をパソコンにインストールして行きましょう!

VB-AUDIO Virtual Cable のインストール方法

ダウンロードしたファイルがzipファイルになっていますので、まずは、ファイルを解凍して、それからインストールを行います。

 

ダウンロードしたzipファイル(VBCABLE_Driver_Pack43.zip)を右クリックして「すべて展開」をクリック。

ダウンロードした「zipファイル」を右クリックして「すべて展開」をクリック

 

zipファイル展開する場所を確認して「展開」ボタンをクリック。

「展開」クリック

 

VBCABLE_Setup_x64.exe を右クリックして「管理者として実行」をクリック。

exeを右クリックして「管理者として実行」をクリック
32bit 版の Windows をお使いの場合は、 VBCABLE_Setup.exe を選択してください。

 

「はい」ボタンをクリック。

「はい」をクリック

 

「Install Driver」ボタンをクリック

「Install Driver」 をクリック

 

「インストール」ボタンをクリック

「インストール」をクリック

 

「OK」をクリック

「OK」をクリック

 

以上で、 VB-AUDIO Virtual Cable のインストールは完了です。

インストールが終わると、「Tahnk You For Installing Our Products」って書かれたWebページが立ち上がりますので、必要がなければ閉じてください。

VB-AUDIO Virtual Cable の設定&使い方

VB-AUDIO Virtual Cable を使うための設定を行います。

 

画面の右下のタスクトレイにあるスピーカーアイコンを右クリックして「サウンドの設定を開く」をクリック。

サウンドの設定を開く

 

出力デバイス、入力デバイスともに VB-AUDIO Virtual Cable が選択されていればOKです。

入力デバイスを「CABLE Output」に設定すれば設定終了です。

 

以上で、 VB-AUDIO Virtual Cable の設定&使い方は完了です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました