前澤友作氏のお金配りで貰った500円はアマギフに交換するれば無駄なく使いきれるぞ!

前澤友作氏のお金配りで貰った500円はアマギフに交換するれば無駄なく使いきれるぞ!のアイキャッチ画像話題

前澤友作氏からの「お金配り」やっと受け取れるようになりましたね!

ありがたや~(-人-)

でも、多くの人は残念ながら 500円 しか貰えませんでしたね。。。

この貰った500円、
何に使うか悩んでませんか?

はっきり言って、 kifutown の「ネットのお店で使う」や、「街のお店で使う」では、500円をピッタリぜんぶ使い切るのは難しいと思います。

なので、 この「500円」は全額アマギフ(Amazonギフト券のチャージタイプ)にチャージして無駄なくぜんぶ使い切ってしまいましょう!

Amazonギフト券 チャージタイプの購入はこちら

スポンサーリンク

はじめての kifutown で Amazon ギフト券を購入する手順

前澤友作氏からお金配りで貰った500円を kifutown で受け取り、アマギフに交換する方法は案外簡単にできちゃうものです。

ざっくり説明すると次のような手順になります。

  1. kifutown でお金配りの500円受け取り
  2. kifutown で Visa バーチャルカード発行
  3. Amazon でアマギフ(Amazon ギフト券)購入

これで、前澤友作氏からお金配りで貰った500円を無駄なく全部使うことができます。

さて、ここからは図解付きで解説していきます。

kifutown でお金配りの500円受け取り

1)「kifutown」を起動して「前澤友作全員お金贈りfrom宇宙の当選金の受け取りはこちら→」のバナーをタップ

 

2)「次へ」をタップ

 

3)「自分で使う」をタップ

 

4)「次へ」をタップ

 

5)「決定する」をタップ

 

6)「閉じる」をタップ

 

7)「受取り待ちの寄付金 500円 を受取る」をタップ

 

8)「受取る」をタップ

 

9)「寄付金を受取りました」と表示されるので適当な場所をタップ

 

10)残高が500円になっていればおkです。

kifutown で Visa バーチャルカード発行

1)残高のところの「ネットのお店で使う」をタップ

 

2)「使ってみる」をタップ

 

3)Visa バーチャルカードが発券されます

カード番号の右のところにある「□」をタップすると、カード番号がコピーできます。
カード名義人は「ARIGATO FRIEND」となっておりますが、バーチャルカードを使用する際に名前を入力するときは、自分の名前を入力して使ってください。

Amazon でアマギフ(Amazon ギフト券)購入

1)Amazon ギフト券 チャージタイプの購入ページへアクセスします

 

2)少し下にある「Amazon ギフト券残高に直接入金する」のところで「500」と入力して「今すぐ購入」をタップ

 

3)一番下にある「お支払い方法を追加」をタップ

 

4)「クレジットまたはデビットカードを追加」をタップ

 

5)kifutown で発行されたVisa バーチャルカードの情報を入力して「カードを追加」をタップ

◆入力項目

入力項目入力例
クレジットカード名義人自分の名前を英字で入力
カード番号Visa バーチャルカードの「カード番号」を入力
有効期限Visa バーチャルカードの有効期限(月/年)を入力
kifutown のVisaバーチャルカードの名義人は「ARIGATO FRIEND」となっていますが、クレジットカードの名義人には自分の名前を入力します。(例:氏名が山田太郎の場合、「TARO YAMADA」と入力すればおkです)

 

6)「登録したクレジットカードを選択」して「続行」をタップ

 

7)住所・電話番号に間違えがなければ「この住所を使う」をタップ

 

8)「注文を確定する」をタップ

 

9)注文が確定しました

 

10)しばらくすると通知が届きます

 

11)「kifutown」 の「残高」を確認してみると残高が「0円」になっていて、前澤友作氏からの「お金配り」の500円を無駄なく使うことができました。

スポンサーリンク

まとめ

前澤友作氏のお金配りで貰った500円をアマギフ(Amazonギフト券)に交換する方法を紹介いたしました。

こうして手順に起こしてみると実施する項目が多くて面倒臭そうに見えますが、実際にやってみると以外と簡単にできちゃいます。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

お金配りで貰った500円を無駄なく使いきれますので!!!

Amazonギフト券 チャージタイプの購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました